○広野町人にやさしいまちづくり条例
令和2年12月9日条例第29号
広野町人にやさしいまちづくり条例
(目的)
第1条 この条例は、新型コロナウイルス感染症をはじめとする疾病、障がい、性別等を理由とした誹謗中傷又は偏見に基づく差別的な言動等(以下「あらゆる差別」という。)による人権侵害を防ぎ、町民一人ひとりが人権を尊重し、思いやりの心を持ち、互いに支え合う共助の理念の下、人にやさしい町、住みよい地域社会、町民一人ひとりが幸せに暮らせるまちづくりを実現することを目的とする。
(町の責務)
第2条 町は、あらゆる差別の原因となる偏見や誤解をなくすため、正確な情報を収集及び整理するとともに、これを町民に対し、速やかに伝達するものとする。
2 町は、あらゆる差別を防止するため、正しい知識に基づく広報や教育活動など必要な施策を継続的に行うものとする。
3 町は、あらゆる差別を受けた町民に対し、適切な支援及び助言を行うものとする。
4 町は、あらゆる差別に関する相談に的確に応じるため、相談体制の充実に努めるものとする。
(町民等の責務)
第3条 町民及び事業者は、互いに思いやりの心を持って、差別をしない、させない、見過ごさないという自覚を持ち、あらゆる差別又はそれらを助長するような情報発信等を行わないよう努めるとともに、これらをなくすため町及び関係機関等の施策に協力するものとする。
(町の施策等)
第4条 町は、第1条の目的を達成するため、国、県及び関係団体との連携を図り、施策を効果的に推進するものとする。
(委任)
第5条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。
附 則
この条例は、公布の日から施行する。